作品紹介

善人も悪人も人生の摩訶不思議に振りまわされ立往生!

尊敬する院長先生があんな女に夢中だなんて……。心を痛めた秘書のとった行動は。善男善女が常軌を逸していくさまを巧みに描く短篇集

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
柏木精神病院の2代目院長、浩一郎は52歳の男盛り。美しい妻、健(すこ)やかに育った息子たち、愛くるしい娘に囲まれ、「明るい精神病院」を目指し精力的に働く彼の人生は「順風満帆」を絵に描いたようなものだった。しかし、出入りの製薬会社の営業部員の女にテニスで打ち負かされたその日から、彼の日常は一変する。壮年男の悲喜劇である表題作をはじめ、津軽の男たちの哀歌「ケヤグの秋」、定年後の勝手気儘(きまま)を隣人の善意で踏みにじられる「沢村校長の晩年」など、玄妙な小説世界をお愉しみください。(KH)
商品情報
書名(カナ) インチョウノコイ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年01月30日
ISBN 978-4-16-327290-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く