作品紹介

期待の新鋭が描く、暖かくも切ない物語

この世に映画がある限り、人々は映画館へ出かけていくだろう。家族と、友人と、恋人と…。壊れかけた家族を映画が救う、感動の物語

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
39歳独身の歩(あゆみ)は、社内抗争に巻き込まれて会社を辞める。歩の父は趣味は映画とギャンブルという人で、借金を繰り返していた。ある日、歩が書いた映画に対する熱い思いを、父が映画専門誌「映友」のサイトに投稿したことから、歩は編集部にスカウトされる。だが実は、サイトの管理人が面白がっていたのは父自身の文章だったことが判明。「映友」は部数低迷を打開するために、また歩は父のギャンブル依存を断つために、父の映画ブログ「キネマの神様」をスタートさせた——。著者は、大手商社や都市開発企業、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、フリーのキュレーターとして活躍したという異色の経歴の持ち主。映画を媒介として壊れかけた家族が再生していく様を描く、切なくも心温まる長篇です。(YB)
商品情報
書名(カナ) キネマノカミサマ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年12月15日
ISBN 978-4-16-327730-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く