作品紹介

人の心の黒さと気高さ。鬼才4年ぶりの長篇小説

映画撮影の舞台となった北九州の町が、史上最高に心ない賭博のワンダーランドと化す。爆笑がやがて感動に変わるハイパーノベル!

担当編集者より
とあるさびれた地方都市に、映画の撮影に訪れた一行。はかどらない撮影のうさ晴らしに彼らが思いついたのは、主演の老俳優・小関泰司がセリフをトチる回数をめぐって賭けをすることだった! 地元のヤンキー、謎のグラビアアイドルらも巻き込んで、老人賭博は予想のつかないクライマックスへなだれ込む。芥川賞候補にもなったベストセラー『クワイエットルームにようこそ』をしのぐ傑作小説が誕生しました。深い人間観察にもとづいた、爆笑のあとに訪れるしんみりとした読後感を味わってください。(NK)
商品情報
書名(カナ) ロウジントバク
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年01月10日
ISBN 978-4-16-328750-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く