作品紹介

懐かしい昭和の風景がよみがえる刑事事件簿

犯罪解決の鍵は現場の捜査員の経験と勘と情熱だ。昭和という時代を駆け抜けた名刑事の活躍を描く名手、乃南アサの新シリーズ開幕

担当編集者より
直木賞作家、乃南アサさんの手による新シリーズがいよいよ開幕します。最近、犯罪報道のなかでDNA鑑定やプロファイリングといった言葉を頻繁に耳にするようになりました。しかし、犯人逮捕の鍵を握るのは、今も昔も、現場の刑事たちの経験と勘と情熱なのではないでしょうか。まさに「事件は現場で起きている」。主人公の土門功太朗は警視庁の刑事です。地道に小さな手がかりを拾い集め、それを繋ぎ合わせて事件解決につなげていく。昭和という時代を駆け抜けた名刑事の物語をぜひご堪能ください。(AH)
商品情報
書名(カナ) ケイジドモンコウタロウ ジハク
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年03月10日
ISBN 978-4-16-328990-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く