作品紹介

項羽と劉邦に仕え、相対した乱世の名臣たち

秦の始皇帝の死後に勃興してきた楚の項羽と漢の劉邦。2人の「将」をめぐり活躍したさまざまな異才・俊才10人の知られざる姿を描く

担当編集者より
皇太子を決めぬまま崩御した秦の始皇帝。その後二世皇帝の暗愚から世は乱れるが、それはそのまま様々な英雄と名臣を輩出する情況ともなった——。楚・漢に分かれそれぞれ覇を競った項羽と劉邦、そして彼らに仕えた異才・俊才たち。独特の風格があった項羽の軍師・范増、劉邦に仕えた稀代の策謀家・張良など、動乱期における「将」と「臣」の姿が達意の筆で描かれます。『春秋名臣列伝』『戦国名臣列伝』に次ぐシリーズ第3弾、いよいよの刊行です。(YS)
商品情報
書名(カナ) ソカンメイシンレツデン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年06月10日
ISBN 978-4-16-329190-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く