単行本
単行本

想い出の名画

野口久光

  • 定価:本体4,660円+税
  • 発売日:1995年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

生涯を通じて純な映画青年の姿勢をつらぬいた著者が、いまなお新鮮な珠玉の名画一二五本を語る。序文・淀川長治解説・和田誠

担当編集者より
思想や芸術理念の枠にはめず、映画をただ映画として観る――もっとも基本的な姿勢を生涯くずさない人がいる。淀川長治、双葉十三郎、植草甚一、若くは和田誠、そして昨年亡くなった野口久光。装幀の原稿を渡してくれながら和田誠氏は「昔はビデオがなかったから、映画をもう一度観たくなったら野口久光さんの文章を読み返した」。それをまとめた貴重な本が『想い出の名画』だ。(M)
商品情報
書名(カナ) オモイデノメイガ
ページ数 536ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年07月15日
ISBN 978-4-16-350420-9
Cコード C0074

著者

野口 久光

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く