単行本
単行本

「オウム事件」をどう読むか

文藝春秋・編

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1995年10月

作品紹介

オウム真理教事件は、平和ボケした日本の思想界にも痛烈な衝撃を与えた。論客がさまざまな視点から分析した、オウム論の決定版

担当編集者より
オウムとは何だったのか、何がオウムを生んだのか――。麻原教祖論、日本人の宗教観、オウム世代分析、宗教法人の問題点……。日本のみならず、世界を震撼させた、空前絶後の異常事件を当代きっての論客十三人が解きあかす。中沢新一、浅田彰、養老孟司、佐伯彰一、野田宣雄、山折哲雄、坪内祐三、野田正彰、なだいなだ、溝口敦、北野弘久、内藤国夫が、オウムのすべてを徹底解剖。(T・T)
商品情報
書名(カナ) オウムジケンヲドウヨムカ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年10月15日
ISBN 978-4-16-350710-1
Cコード C0014

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く