単行本
単行本

神童

山本茂

  • 定価:本体1,748円+税
  • 発売日:1996年03月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ハイフェッツの再来、と讃えられた少年はたった一人で米国に留学、やがて失意のうちに帰国した。近代日本の運命に似た、天才の悲劇

担当編集者より
音楽のすばらしさを文字で表現するのは難しい。特に、演奏の出来がどうであったかは、テープもCDも残されていなければその場で聴いた人の記憶に残るのみで、時とともに忘れ去られてしまいます。終戦直後の東京で、わずか十三歳でデビューしたヴァイオリン奏者、渡辺茂夫はまさにそうした少年だった。来日したハイフェッツが、少年の弾くわずか一小節を聴いただけで天才を認め、ジュリアード音楽院に留学、そして挫折――。これは、ある天才ヴァイオリニストの悲劇であるとともに、ある文化摩擦の物語である。(S)
商品情報
書名(カナ) シンドウ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年03月01日
ISBN 978-4-16-351330-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く