単行本
単行本

明日では遅すぎる日本が甦える日

大原一三

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1996年07月

作品紹介

「モノ作り」を忘れた国に未来はない。大蔵省に二十年、政治家として二十年。深い自省とともに語る、日本の病巣と再生への条件!

担当編集者より
あまり知られていないが、大原氏は大蔵省に二十年、田中角栄氏に見出されて政界入りし、しかも農水系の実力者です。その経歴からも判るように、金融界・農協系双方に精通しており、住専問題処理に際しては裏で相当の働きをいたしました。その一端はこの本にも出てきますが、それだけにこの国のどこに問題があるのか、憂いは深いものがあります。戦後五十年、一貫してとってきた産業政策を改めて見直すのに、最適の本でしょう。(S)
商品情報
書名(カナ) アスデハオソスギル ニホンガヨミガエルヒ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年07月25日
ISBN 978-4-16-351830-5
Cコード C0031

著者

大原 一三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く