単行本
単行本

心臓を貫かれて

マイケル・ギルモア 村上春樹訳

  • 定価:本体2,816円+税
  • 発売日:1996年10月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

みずから望んで銃殺刑に処せられた殺人犯の実弟が、兄と家族の血ぬられた歴史、残酷な秘密を探り哀しくも濃密な血の絆を語り尽す

担当編集者より
自ら銃殺刑を望んだ死刑囚の実弟の記した、衝撃的な、家族の「クロニクル」。殺人はもちろん、幽霊は出るわ、ゴシック・ホラーばりの因縁話がつきまとうわで、とにかく怖い話(ノンフィクションですが)です。訳了した村上氏は、「僕の人間に対する、あるいは世界に対する基本的な考え方は、少なからぬ変更を余儀なくされた」という次第。実際、最後の最後で明かされる家族の秘密はまさに Shot in the Heartです。(O)
商品情報
書名(カナ) シンゾウヲツラヌカレテ
ページ数 616ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 1996年10月15日
ISBN 978-4-16-352120-6
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く