単行本
単行本

人類は戦争を防げるか日・米・中 国際シンポジウム

児島襄 マリアス・ジャンセン 朱宗震

  • 定価:本体5,825円+税
  • 発売日:1996年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

侵略と正義の戦争はどう違うのか。戦争を起した側が悪いなら、起すよう仕向けた側の責任はどうなのか、戦争は避けられるだろうか

担当編集者より
「侵略戦争」と「正義の戦争」の間に区別はあるのか。南京が虐殺で戦争犯罪なら、広島、長崎への原爆投下、東京大空襲はどうなのか――等々。戦争についてはこれまでそれぞれの国の専門家が言いっ放しで終ることが多かったのですが、日米中三国の学者が初めて一堂に会し、四日間にわたって白熱の討論を交わした記録です。(S)
商品情報
書名(カナ) ジンルイハセンソウヲフセゲルカ ニチベイチュウコクサイシンポジウム
ページ数 520ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年10月25日
ISBN 978-4-16-352150-3
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く