作品紹介

吉本ばなな論から、ついに読破した『大菩薩峠』まで。縦横無尽、軽やかにして深い最新書評コラム集。「厳選文庫50冊」のリスト付き

担当編集者より
二年前、「『草枕』から『マディソン郡の橋』まで」をキャッチフレーズに刊行された“中野翠・全方位書評コラム集”『ムテッポー文学館』の第二弾です。今回のウリは「『大菩薩峠』から山田風太郎まで」でしょうか。野坂昭如氏との対談「三島由紀夫が死んで二十五年」、久世光彦氏との吉本ばななをめぐる対談なども興味深い、本好きには垂涎(すいぜん)の一冊です。(FY)
商品情報
書名(カナ) フトドキブンガクカン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1997年06月10日
ISBN 978-4-16-352970-7
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く