単行本
単行本

司馬サンの大阪弁’97年版

日本エッセイスト・クラブ・編

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:1997年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

上質のエッセイに出会うと、「人生悪いことばかりじゃない」と思えてくる。おなじみベスト・エッセイ集も15冊目。62篇の名文を収録

担当編集者より
昨年一年間に新聞、雑誌に発表されたものと一般公募のエッセイを集め、厳正なる審査の結果選ばれた六十二篇を収録したのが1997年版ベスト・エッセイ集です。タイトル『司馬サンの大阪弁』は、田辺聖子さんの作品から。同じ大阪人としてお付き合いの長かった田辺さんが、故・司馬遼太郎さんの“やわらかな品のいい大阪弁”をしのぶホロリとさせるエッセイです。(FY)
商品情報
書名(カナ) シバサンノオオサカベン キュウジュウシチネンバン
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年07月30日
ISBN 978-4-16-353140-3
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く