作品紹介

五十二歳の若さで逝去した都会派作家・森瑤子。父親の目から見つめた娘の人生を率直に回想し、流行作家の「家庭の事情」を公開する

担当編集者より
五年前、五十二歳の若さで急逝した森瑤子さん。華やかな自立した大人の女性像は、いまだに鮮やかです。次女のマリアさんが回想した本も話題となりましたが、このたび、「父親の眼から見た森瑤子」が本になります。伊藤三男さんは八十五歳になります。記憶力、観察力に優れ、肉親の深い愛情のこもった文章は、さすが森瑤子さんの父、と思わせる力があります。(MI)
商品情報
書名(カナ) モリヨウコワガムスメノダンショウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年05月20日
ISBN 978-4-16-353930-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く