作品紹介

司馬遼太郎氏が最後にとり組もうとして果たせなかったノモンハンの激戦をベルリン、モスクワ、中国の動勢も絡めつつ描いた意欲作

担当編集者より
「ノモンハン事件」とは何だったのか。司馬遼太郎氏が生涯の最後に描こうとして果たせなかったこのテーマを、世界史的な視点から明快に読み解いて、別册文藝春秋連載時より話題を呼びました。単行本化にあたり大幅に加筆、新しく脚注も加え、当時の日本をとりまいていた「空気」、陸軍参謀本部という秀才集団がどのようにして個人の責任を回避していったのかに、一層の光が当てられました。「日本国失敗」の原点がここにあります。(MR)
商品情報
書名(カナ) ノモンハンノナツ
ページ数 360ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年04月20日
ISBN 978-4-16-353980-5
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く