単行本
単行本

人間は笑う葦である

土屋賢二

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:1998年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

人間はなぜ笑うのか? 私の写真うつりがわるい理由、高級レストランでのふるまい方など、ますます快調、報復絶倒の哲学エッセイ集

担当編集者より
本邦初のお笑い哲学者として『われ笑う、ゆえにわれあり』でデビュー、今や定番エッセイとしてファンも多いプロフェッサー土屋ですが、本書もどうぞご期待ください。「それでも美人になりたいか」「私の写真うつりが悪い理由」「恩師の立場から見た柴門ふみ」など、鋭い観察と常識を茶化す痛快なユーモアはますます快調。不況で暗い話ばかりの昨今、本書で笑い飛ばそうではありませんか。(IK)
商品情報
書名(カナ) ニンゲンハワラウアシデアル
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年07月25日
ISBN 978-4-16-354230-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く