単行本
単行本

曲者天国

中野翠

  • 定価:本体1,190円+税
  • 発売日:1999年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

山中貞雄、アラカン、ロッパ、松本かつぢ、森雅之……ジャンルを越してデモーニッシュな曲者たちに捧げる、中野翠流のオマージュ

担当編集者より
’96年に刊行された『会いたかった人』に続いて、中野翠さんが「他人じゃない!」と激しく興味をかきたてられた人物十人の仕事と生涯を紹介したのが本書です。古川緑波、嵐寛寿郎、山中貞雄、清水宏、森雅之、桑野通子……昭和の初期に活躍した、いずれ劣らぬクセモノ揃い。八百字ライターを自称する中野さんが一章分五千字に挑んだ、貴重な一冊でもあります。(FY)
商品情報
書名(カナ) クセモノテンゴク
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年03月10日
ISBN 978-4-16-354860-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く