単行本
単行本

檀一雄の光と影「恵子」からの発信

入江杏子

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:1999年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

無頼派作家、壇一雄が逝って二十三年。彼の恋人であり代表作『火宅の人』の“恵子”のモデルでもあった著者が初めて明かす壇との日々

担当編集者より
檀一雄の代表作『火宅の人』は、妻子ある作家が、新劇女優の恋人と暮らす日々を凄絶に描いた作品として知られています。主人公は作者自身、そして恋人・恵子のモデルがこの本の著者である入江さんです。檀一雄が亡くなって二十三年、入江さんは長い沈黙を破って、初めて檀との出会いから別れ、彼の死までの歳月を綴ります。当事者にしか知りえないもう一つの『火宅の人』と言えるでしょう。(HH)
商品情報
書名(カナ) ダンカズオノヒカリトカゲ ケイコカラノハッシン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年09月20日
ISBN 978-4-16-355030-5
Cコード C0095

著者

入江 杏子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く