作品紹介

松本清張が愛した「コーヒー」店、向田ドラマの神髄「夕べの残りのカレー」、“火宅の人”檀一雄の「ダン・シチュー」の秘密――他

担当編集者より
松本清張が愛した「コーヒー」店。向田ドラマの神髄「ゆうべのカレーの残り」。“火宅の人”檀一雄が愛した「ダンシチュー」の秘密――。朝日新聞社の名文芸記者としてならした重金敦之さんの『食の名文家たち』は、古今東西、食について書いた四十人の作家が登場します。森鴎外から渡辺淳一まで。『オール讀物』に連載された名コラム「名作の中のグルメ」、堂々の単行本化です。(SS)
商品情報
書名(カナ) ショクノメイブンカタチ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1999年05月20日
ISBN 978-4-16-355170-8
Cコード C0095

著者

重金 敦之

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く