作品紹介

やっぱり読むなら“紙の本”。反IT読書日記

中野翠20世紀最後の書評集。こよなく愛する“芸人もの”“顔面本”から31年ぶりに開いてみた江藤淳まで。もう一度読みたい本ばかり

担当編集者より
『ムテッポー文学館』『ふとどき文学館』に続く、コラムニスト中野翠さんの書評集。独特の眼力で選び抜いた“奇書”“たのしみ本”“なつかしい本”の数々、今回の目玉商品は、おなじみの映画本に加え落語、芸人本が充実していること。雑誌「カピタン」で好評だった“もう一度読みたい本”も収録しています。講談社「世界名作全集」の『家族ロビンソン』や奥浩平著『青春の墓標』、「ジュニアそれいゆ」など、なつかしもの勢ぞろい。この一冊で九十六冊を読みおえた気分になれる、お値打ち本。(FY)
商品情報
書名(カナ) アヤシイホンダナ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2001年04月30日
ISBN 978-4-16-357360-1
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く