単行本
単行本

巨匠とチンピラ小津安二郎との日々

三上真一郎

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2001年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

軽妙な文章で綴られる晩年の小津の姿についホロリ

松竹大船から10代でデビューしたチンピラ役者が出会った珍妙なオジさん、それが小津安二郎だった。追慕の情が溢れる、この希有な一冊

担当編集者より
小津安二郎は二〇〇三年十二月十二日に生誕百年、歿後四十年を迎えます。そう、還暦を迎えた誕生日の当日に死んだのです。晩年の小津作品「秋日和」「秋刀魚の味」で記憶に残る演技をみせた三上さんも、はや還暦を迎えました。しかし、その三上さんが小津さんと「師弟の契り」を交わしていたとは知らなかった!小津さんの軽妙な口調が、チンピラ役者の視点から再現されてゆきます。そして、還暦を越えた役者が小津さんの思い出を探る旅に出る。可笑しくも心温まるエッセイです。(TY)
商品情報
書名(カナ) キョショウトチンピラ オズヤスジロウトノヒビ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2001年04月20日
ISBN 978-4-16-357380-9
Cコード C0095

著者

三上 真一郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く