単行本
単行本

かまちの海

山田千鶴子

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2001年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

母が明かす夭折した天才の実像

人々に勇気と感動を与える絵と詩を残した山田かまち。その十七年の短くも輝きに満ちた一生を、共に生きた母が綴るファン必読の書

担当編集者より
山田かまちが十七歳の若さで逝ってから二十四年。本書はかまちの母である山田千鶴子氏による書き下ろしの回想録です。エレキギター演奏中の感電死という、あまりに悲劇的な事故で息子をなくした母親の悲しみははかり知れません。しかし、彼女はその喪失感と闘いながら、二十四年の歳月をかけて息子の死と正対し、必死の思いで筆をとりました。天才詩画人・かまち少年の素顔が初めて明らかになった、貴重な一冊です。(WY)
商品情報
書名(カナ) カマチノウミ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年05月30日
ISBN 978-4-16-357430-1
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く