単行本
単行本

愛情評論「家族」をめぐる物語

藤本由香里

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2004年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ほしいのは、親という名をもった人間じゃなく……本当に愛してくれる人

離婚や児童虐待など様々な問題で<家族=血縁>幻想は薄れつつある。小説・映画・コミックを通して新しい家族の形を考えるエッセイ集

担当編集者より
現在、離婚や児童虐待の増加など様々な問題によって、「家族=血縁」という幻想は薄れつつあります。「個人」をくるみこみ、「社会」との間の緩衝地帯としての役割をになう「家族」のかたちに、従来の型にあてはまらないようなパターンがでてくるのは、ある意味で当然です。映画、小説、コミックの世界を通して、新しい家族のあり方を模索し、現代社会の中で「居場所」を見つけられずに苦しむ人に、光を投げかける刺激的なエッセイです。(HT)
商品情報
書名(カナ) アイジョウヒョウロン カゾクヲメグルモノガタリ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年02月25日
ISBN 978-4-16-358060-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く