単行本
単行本

一九七二「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」

坪内祐三

  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2003年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

こから歴史の断絶が始まった

日活ロマンポルノが摘発され、南沙織が紅白出場、連合赤軍あさま山荘事件が起こった年を知らない若者におくる新感覚の文化評論

担当編集者より
一九七二年は、連合赤軍「あさま山荘」事件の年、札幌オリンピックの年、ストーンズの初来日が実現しなかった年、「大相撲ダイジェスト」放映開始の年、「ぴあ」創刊の年、日活ロマンポルノ摘発の年、田中角栄『日本列島改造論』が出た年……。一九七二年より前に生まれた人と、後に生まれた人の間に歴史の断絶を感じた坪内氏が、この年をキーワードに、一九七二年以降に生まれた若者たちと対話を試みた新感覚の文化評論です。(TA)
商品情報
書名(カナ) イチキュウナナニ ハジマリノオワリトオワリノハジマリ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年04月25日
ISBN 978-4-16-359680-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く