単行本
単行本

書物の運命

池内 恵

  • 定価:本体1,905円+税
  • 発売日:2006年04月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

注目の若き論客、初めての書評エッセイ集

岡倉天心、勝海舟、J・S・ミルから最新のイスラーム事情まで、気鋭の中東専門家が綴るきわめて刺激的な書評エッセイ集。恐るべし!

担当編集者より
1973年生まれの池内氏は、論壇でも活躍中の中東・イスラーム研究家。専門の中東問題における優れた分析や論考が高く評価されているだけでなく、読書家、書評家としても凄いんです! なにしろテレビのない家に育ち(父上であるドイツ文学者池内紀氏の方針)、ものごころついたときには数えきれない「マス」としての書物に囲まれていたというのですから。そんな池内氏が専門分野だけでなく岡倉天心や勝海舟まで縦横無尽に本の海を泳ぎ、書物を通して世界を、時代を考える画期的な一冊です。(FY)
商品情報
書名(カナ) ショモツノウンメイ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年04月15日
ISBN 978-4-16-368060-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く