単行本
単行本

世界は村上春樹をどう読むか

国際交流基金 企画 柴田元幸・沼野充義・藤井省三・四方田犬彦 編

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2006年10月13日

作品紹介

ハルキの翻訳者16カ国19人が熱く語る!

いま世界でもっとも愛読されている現代作家、村上春樹。日本人の知らなかった一面が浮かび上がる画期的なシンポジウムの全記録

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
アメリカでは「ムラカミエスク(村上春樹的)」、中国では「非常村上(すごく村上的)」、韓国では「ハルキ世代(セデ)」……新語も出来るほど、世界的なハルキ・ブームの只中、16カ国・19人の翻訳者、出版者、批評家、作家が一堂に会し、各国のハルキ事情を縦横に語り合った。日本人の知らない〈村上春樹〉が浮かび上がる、画期的なシンポジウムの全記録。(OM)
商品情報
書名(カナ) セカイハムラカミハルキヲドウヨムカ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2006年10月15日
ISBN 978-4-16-368470-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く