文庫
文庫

文春文庫

世界は村上春樹をどう読むか

柴田元幸・沼野充義・藤井省三・四方田犬彦 編 国際交流基金 企画

  • 定価:本体657円+税
  • 発売日:2009年06月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本人の知らない「村上春樹」が浮かび上がる

17カ国23人の翻訳家・作家・出版者が、村上春樹について多面的に語った。2006年に日本で行われたシンポジウムの全記録

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
村上春樹氏の作品は、初めて海外に紹介されてから20年以上経ち、今や30カ国を超える言語に翻訳されている。2006年には日本で村上作品をめぐる国際シンポジウムが開かれ、17カ国の翻訳家、作家、出版者が各国での「ハルキ事情」を縦横に語り合った。本書は、村上作品の魅力が多面的に語られたこのシンポジウムの全記録である。
商品情報
書名(カナ) セカイハムラカミハルキヲドウヨムカ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年06月10日
ISBN 978-4-16-775389-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く