単行本
単行本

地球温暖化 独裁国家中国の「罪」

鈴木馨祐

  • 定価:本体890円+税
  • 発売日:2008年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

警告の書。中国の環境汚染が世界を滅ぼす

中国は軍事費の一部を回せば環境汚染も残留農薬も改善できる。言論の自由のない独裁国家が、いずれ日本人の健康を破壊するのだ

担当編集者より
自民党若手代議士鈴木馨祐さんが、覚悟の告発本を書きました。誰も中国に遠慮をしてモノを言いませんが、中国は猛烈に地球環境を壊しています。風下(かざしも)の日本には、黄砂や光化学スモッグが襲来し、日本人が被害を受けているのに、沈黙したまま。膨大な軍事費を削って、日本から最新技術を買えば、中国の大気汚染はたちどころに解消するのです。エネルギー効率は日本の11倍悪く、流れない川、緑色の湖、そして砂漠。経済発展の美名の下、報道の自由のない国は、瀕死の状態となり、国民は公害病に悩んでいます。しかし、独裁国家の幹部たちは、それを回復させる気はないのです。(SK)
商品情報
書名(カナ) チキュウオンダンカドクサイコッカチュウゴクノツミ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 B6判 並製
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-370430-2
Cコード C0095

著者

鈴木 馨祐

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く