作品紹介

著者ははたして品格ある男なのか?

「書店に行くとなぜトイレに行きたくなるのか」「なぜ失敗するのか」「もし若者に注意したら」…恵まれない日常を描く自笑エッセイ56篇

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
「週刊文春」の連載でおなじみ、お茶の水女子大学で哲学を教えるツチヤ教授が、世間に品格を問われ、その答えをタイトルとしたエッセイ集。内容は……「もし若者に注意したら」「犬よ」「自分に負け続けている男」……など、ドMな日常を哲学的に分析し、世間を煙にまく抱腹の56篇です。今回のエッセイも、先生の恐妻家ぶりがいかんなく発揮されています。恐ろしい妻を持ち、心が疲れた人には、「下には下がいる」と思え、優しい気持ちになること請け合い。またそうでない人にも、追い詰められることが快感になる考え方が自然と身につくでしょう。(HA)
商品情報
書名(カナ) ツチヤノヒンカク
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年12月15日
ISBN 978-4-16-370930-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く