作品紹介

桐野夏生、刺激あふれる初めての対談集

時代と向き合い、時代に挑み続ける桐野夏生、初の対談集。柳美里、重松清、原武史、林真理子などの論客との、注目の発言が満載

担当編集者より
時代に挑み続ける作家・桐野夏生氏、初の対談集。直木賞を受賞した1999年からこの10年の間で、選りすぐりの12篇を収録。対談の相手は、林真理子、小池真理子、重松清といったエンターテイメント系の作家から、柳美里、松浦理英子といった純文学系作家、はたまた佐藤優、原武史といった言論人から気鋭の映画監督・西川美和まで、多彩な才能が桐野氏と火花を散らします。テーマは、文学論はもちろん、女性論、皇室論といった硬派系から「好みの男のタイプ」までと、これまた多彩。知的刺激満載の1冊です。(ON)
商品情報
書名(カナ) タイロンシュウハッカテン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2009年09月15日
ISBN 978-4-16-371730-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く