作品紹介

世紀の難問「ポアンカレ予想」を証明した彼はなぜ消えたのか

フィールズ賞も拒否し、すべての接触を絶って消えたロシアの数学者ペレルマン。旧ソ連で同じ数学エリート教育をうけた著者による評伝

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
100万ドルの賞金がかけられた数学の7つの難問のひとつ「ポアンカレ予想」の証明。今世紀中の解決は到底無理と言われたその証明が2002年にインターネット上にアップされます。だが、世紀の難問を解いたその男は、フィールズ賞も拒否し、研究所も辞職、数学界からも世間からもすべての連絡をたって消えました。そのロシアの数学者ペレルマンの謎に、ペレルマンと同時代に旧ソ連で数学のエリート教育をうけた著者が迫ります。『フェルマーの最終定理』などの訳で、日本数学会出版賞を受賞した青木薫さんが、天才の孤独を美しい日本語の調べにのせて伝えてます。(SS)
商品情報
書名(カナ) ヒャクマンドルヲキョヒシタテンサイスウガクシャ カンゼンナルショウメイ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年11月15日
ISBN 978-4-16-371950-4
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く