作品紹介

紫式部は「自由」を知っていた!

明治維新以降のミルなどの西欧思想の導入によって「自由」という概念が日本に初めてもたらされたという誤謬を正す画期的名著

担当編集者より
30年前に著者は、ある国際政治学者が、「自由」は西欧世界に於いて初めて発生した観念で元来日本の精神風土には存在しなかったと語るのを直接聞き、唖然としたことがきっかけで本書は生まれました。実は「自由」は立派な古典漢語であり、仏教語でもあり、安土桃山時代には現代の含意とほぼ同じ意味で使われていたし、紫式部も「自由」を知っていたと、さまざまな文書・作品を通じて証明します。(TS)
商品情報
書名(カナ) タイホウリツリョウカラメイロクザッシマデ ニホンジンノジユウノレキシ
ページ数 360ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年09月10日
ISBN 978-4-16-373030-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く