作品紹介

1994年10月8日、優勝をかけたシーズン最終戦。
長嶋監督が「もはや国民的行事」と語ったように、この一戦は、平均視聴率48.8%(プロ野球中継史上最高)。2010年に日本プロ野球機構が現役の監督、コーチ、選手を対象にしたアンケートで「最高の試合」部門1位だった。
伝説として語り継がれる「世紀の決戦」を、今中、松井、立浪、桑田、大豊、斎藤……戦った男たちの証言でつづる。
長嶋監督は言う。「野球のすべての面白さを凝縮した試合だった」

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
長嶋茂雄監督が「国民的行事」と表現した1994年のシーズン最終戦。勝った方が優勝という世紀の一戦に、男たちがかけた思いを、選手、監督、スタッフなど当事者の証言でつづるドキュメンタリー。回ごとの攻防に試合前の選手たちの心象風景をフラッシュバックさせた映画のような叙述で構成し、その後の男たちの人生にも焦点を当てる。また、内野手として出場していた原辰徳は現巨人監督、当時の中日監督の高木守道が監督に復帰するなど、「10・8」の因縁は今日まで続いているともいえよう。(MT)
目次
序章 国民的行事の前夜

1回 長嶋茂雄の伝説

2回 落合博満の覚悟

3回 今中慎二の動揺

4回 高木守道の決断

5回 松井秀喜の原点

6回 斎藤雅樹の意地

7回 桑田真澄の落涙

8回 立浪和義の悔恨

9回 長嶋監督の約束

終章 「10・8」後の人生

あとがき
商品情報
書名(カナ) ジュッテンハチ キョジンブイエスチュウニチ シジョウサイコウノケッセン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年03月10日
ISBN 978-4-16-375640-0
Cコード 0075

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く