作品紹介

幼い頃に家を出て、新しい家族を持った父は晩年パーキンソン病を患い、最期は口を利くこともできずに亡くなった。遺された手紙や短歌から見えてくる、後妻家族との相剋、秘めたる恋、娘である「私」への想い。父の赤裸々な「生」を振り返ることで、生きる意味、死ぬ意味、そして、家族という形のありようが見え、物語世界に光が差し込んでくる――。
恋愛小説を中心に、濃密な心理描写で知られる作者の新境地ともいえる本作中に引かれた短歌は、亡くなられた作者の実父が実際に詠んだもの。作者の「何か不思議な力が書かせた作品で、私にとっての生涯の勝負作です」との言葉の通り、心の奥底を静かに、深く揺さぶる傑作です。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
幼い頃に家を出て、新しい家族を持った父が晩年難病を患い、最期は口を利くこともできず亡くなった。遺された手紙や短歌から見えてくる、後妻家族との相剋、秘めたる恋。その赤裸々な「生」を振り返ることで、生きる意味、死ぬ意味、そして、家族という形のありようが見え、物語世界に光が差し込んでくる――。作中に引かれた短歌は、亡くなられた作者の実父が実際に詠んだもの。「何か不思議な力が書かせた作品で、私にとっての生涯の勝負作だと思う」との言葉の通り、心の奥底を静かに、深く揺さぶる傑作の誕生です。(SY)
商品情報
書名(カナ) チンモクノヒト
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年11月30日
ISBN 978-4-16-375840-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く