作品紹介

ずんずん調べて17年。『週刊文春』の名物連載「ホリイのずんずん調査」は1995年から2011年までの長きにわたり、日本の様々なことを調べ続けてきました。どうでもいいようなこと、役に立たないようなことも、あえて大真面目に調べると意外といろいろな事実がわかるもの。大げさにいえば、この調査は、日本の失われた20年を調べること、でもあったのです。大げさですが。

そんな「誰も調べなかった謎」を調べに調べたうちから精選した100テーマを再構成したのが本書です。
エスカレーターで右に立つのは関西人ではなくて大阪人と兵庫人だけ。写真を撮られるときのVサインの起源は1967年、星一徹だ。ミステリーの本の「重量」は90年代に重くなり続けた。バブル経済は実際その最中には誰も「バブル」とは呼ばず、初めてそう呼ばれたのは1990年だ。初代ウルトラマンは地球滞在時間3分をきちんと守っていたが、ウルトラマンティガはわりとルーズで4分くらいいた。「OK牧場!」の由来を知っているかどうかの境目は1970年生まれだ。

どうでもいいようでいて、何となく日本の変わった部分・変わらない部分が浮き彫りになっているような気がしませんか。そうでもないですか。
他に類を見ない、独自調査の集大成。まさに天下の奇書が堂々の完成です。日本の文化・習慣・スポーツ・雰囲気の変遷が不思議とわかってくる、ホリイ調査の精華100本、ホリイの2013年コメントつきでボリュームたっぷり。一家に一冊、ぜひご常備ください。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
一九九五年から二〇一一年。インターネットが跋扈する以前の時代から、他に誰も調べない謎を調査し続けてきた男がいた。その名はホリイ。バレンタインデーの騒動はいつから始まった? エスカレーターで右に立つ地域は実際どこ? 郵便ポストの回収は時間どおり来ているのか? 『週刊文春』でずんずん調べて十七年、選び抜いた謎の数々からは、どうでもいいようでいて日本の変質と本質がぼんやり見えてくる(かも)。すべてに新規コラムも加筆した大盛り五一二ページ、まさに天下の奇書が堂々完成です。(TN)
商品情報
書名(カナ) ホリイノズンズンチョウサ カツテダレモシラベナカッタヒャクノナゾ
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年08月05日
ISBN 978-4-16-376000-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く