単行本
単行本

みぞれふる空脊髄小脳変性症と家族の2000日

米本浩二

  • 定価:本体1,300円+税
  • 発売日:2013年04月22日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「あなたの病気に医療は何もできません」。44歳の妻が告げられた病気は、脊髄小脳変性症。小脳の委縮により歩行困難や言語障害を引き起こし、一般的に5年以内に歩けなくなり、いずれは死に至る。根本的な治療法は見つかっていない。映画やドラマにもなった『1リットルの涙』の木藤亜矢さんと同じ病気である(木藤さんは15歳で発病し、25歳で死亡)。
妻の発症当時、47歳の夫(著者)は、不規則な毎日を送る新聞記者、しかも単身赴任中だった。自宅に戻り、仕事と両立させながら、介護と慣れない家事に取り組む日々が始まった。だが反抗期まっ盛りの二人の娘は、突然の母親の病気に動揺し、生活は荒れていく。そんな家庭を必死に守らなければならない父親として、著者ははじめて他人のことではなく、自分自身の家庭について新聞記事に書くことを決意した。書くことで、自分自身と家族の気持ちを奮い立たせたい。
〈そうだ。これは闘いなのだ〉〈災害や疾病と隣り合わせの生。いつ悲惨に見舞われるか分からないが、倒れても希望はある〉
東日本大震災を挟みながら、2000日に及んだ闘病生活をあまさず綴った「魂の記録」。
毎日新聞連載中から大きな話題を呼んだ手記は、難病に苦しむ患者とその家族ばかりでなく、すべての父親・母親に大きな感動を呼び起こさずにはおれないだろう。

担当編集者より
「恐ろしいほどの観察眼で、全ての家族が持つ矛盾した成り立ちをえぐりだしている」。本書のゲラを読んだ、よしもとばななさんの感想です。現役の毎日新聞記者である著者の妻・佐恵香さんは、5年前、脊髄小脳変性症の診断を受けました。歩行困難や言語障害を引き起こし、やがては寝たきりになってしまうことの多い難病です。以来、夫は介護と慣れない家事に追われ、思春期の2人の娘は母親の病気にショックを受け、家族ははげしく揺れ動きます。新聞記者が、自らとその家族を対象にして綴った感動の記録です。(YK)
商品情報
書名(カナ) ミゾレフルソラ セキヅイショウノウヘンセイショウトカゾクノニセンニチ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年04月20日
ISBN 978-4-16-376300-2
Cコード 0095

著者

米本 浩二

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く