作品紹介

「日本の為にならない人間とわかり離婚いたしました」(妻・和子の手紙)

妻・和子の「離縁状」をスクープした著者による衝撃ノンフィクション。

妻と三人の息子は、なぜ小沢のもとを去ったのか。隠し子と愛人の存在、父・佐重喜との確執、母・みちの溺愛……。

家族の亀裂――。それが「政治家・小沢」崩壊の引き金だった。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『週刊文春』で妻・和子からの「離縁状」をスクープした著者が、二十年以上の小沢取材の成果をすべて注ぎ込んだ集大成です。
なぜ妻と三人の息子は彼のもとを離れたのか、隠し子を別の愛人に預けた不可解さ、父・佐重喜と母・みちとの間の秘密など、小沢一郎という平成の政局を牛耳った政治家の人間性に潜む謎に迫っています。
現役の大物政治家が妻の手紙で権力を失うなど前代未聞のこと。歴史的な事件の生々しい記録でありながら、家族について考えさせられるドラマにもなっています。
目次
第一章 妻・和子からの「離縁状」

第二章 被災者・黄川田徹の告白

第三章 小沢一郎に嫁いで

第四章 父親の証

第五章 佐重喜とみちの秘密

第六章 永田町の父と母

第七章 淋しき小沢の王国

第八章 家族と王国の崩壊
商品情報
書名(カナ) オザワイチロウ サビシキカゾクノショウゾウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年06月15日
ISBN 978-4-16-376330-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く