作品紹介

楽隠居になるはずが――どうしてこうなる?

楽隠居を目指したはずが「楽」のつかないただのばあさんになったという佐藤愛子さん。3・11以後の世相を鋭く考察したエッセイ集。

担当編集者より
長きにわたる孤軍奮闘・七転八倒の日々の果て、ついに九十歳を迎える佐藤愛子さん。「――こうはしていられない!」と駆け出す思いになった愛子さんが向かった先は? 楽隠居をめざした矢先に震災が起こり、相変わらずおかしい世相が続く中、「人間の潜在的な力を信じよう」と説くその思いは、今こそ必要なものではないでしょうか。「老兵」の言葉に触れるべき時は、今です!
商品情報
書名(カナ) カクテロウヘイハキエテユク
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年08月30日
ISBN 978-4-16-376570-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く