作品紹介

平成によみがえる長谷川平蔵! 待望の連作中篇集

老盗賊が最後の大仕事として狙うのは、あの火盗改。弟の仇を討つべく、深編笠を被った「平蔵」と対峙するが……鮮烈かつ大胆な新シリーズ

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
引退間近の盗人・黒蝦蟇の麓蔵が最後の仕事として狙うのが長谷川平蔵。平蔵にかつて殺された極悪非道の弟の仇を討ち、冥土の土産にしたいのだ。かつての手下で娘同然の美於の計らいでついに対峙する時が来るが、深編み笠の下から現われた目つきの鋭い、日焼けした男の顔は——(「平蔵の顔」)。池波正太郎没後20年記念企画から発生した待望の新シリーズ。平成の今だから、そして逢坂さんだからこそ書くことができた鮮烈な新・平蔵をご堪能ください。(KK)
商品情報
書名(カナ) ヘイゾウノクビ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年03月15日
ISBN 978-4-16-381250-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く