単行本
単行本

チャボとウサギの事件

岩崎夏海

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:2012年06月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

小学六年生の蘭太郎が、日直の飼育当番をサボった朝、学校では三羽のチャボが惨殺され大騒ぎになっていた。発見者は 、片目は見えないけれど聴覚の鋭い美少女で、蘭太郎の幼馴染のリコだった。
事件の日の午後、学年の異端児・工藤が、事件はもっとエスカレートするだろうと蘭太郎に告げる。その言葉通り、1週間後今度は二羽のウサギが首と胴体を切り離され、血だまりの小屋の中央に置かれていたのだ。工藤は犯人は身近にいるのではないかと推理する。蘭太郎と工藤は犯人をつきとめようと、夜中の学校に忍び込む計画をたてるのだが――。
270万部の超ベストセラー『もしドラ』の著者、岩崎夏海さんによる、シャーロックホームズのパスティーシュの結構を持ったミステリー『チャボとウサギの事件』。工藤がホームズ、蘭太郎がワトソンとなり、学校の怪事件に挑みます。
いじめや先生による生徒差別、離婚、異常者など現代社会抱える病巣も盛り込みつつ、ユーモラスでさわやかな青春YAミステリーとなりました。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
小学校で飼育されていた3羽のチャボが惨殺された。発見者は、片目は見えないけれど、聴覚の鋭い6年生の美少女リコ。1週間後、今度は2羽のウサギが首と胴体を切り離され、小屋の中央の血だまりの中に置かれていた。リコの幼馴染の蘭太郎は、学年の異端児・工藤とともに犯人を突き止めようとするが……。どこか欠落している登場人物たちが愛おしい、シャーロック・ホームズの結構をもった青春YAミステリーの登場です。(YS)
商品情報
書名(カナ) チャボトウサギノジケン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製カバーなし
初版奥付日 2012年06月15日
ISBN 978-4-16-381410-0
Cコード 0093

著者

岩崎 夏海

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く