作品紹介

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。
ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。

父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。
実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。
そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。

突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、
今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。
全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。

家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

担当編集者より
東京での過酷な仕事を辞め、故郷で夜行バスの運転手をしている利一。ある夜、運転するバスに乗車してきたのは、十五年以上前に別れた元妻、美雪だった――。
『四十九日のレシピ』で多くの人の心をつかんだ伊吹有喜さんの新作は、新潟のある家族を描いた長編小説です。利一と美雪の離婚によって、ばらばらになってしまった家族。今、それぞれが前に進むために過去のわだかまりを解かなくてはならないと悟った利一は……? 奇跡のような再生と再出発が、ここにあります。(AK)
商品情報
書名(カナ) ミッドナイト バス
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年01月25日
ISBN 978-4-16-390006-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く