作品紹介

反骨の浮世絵師、国芳が猫にまつわる謎に挑む。

江戸後期を代表する浮世絵師、歌川国芳。閉塞した社会状況を打破すべく、お上への批判や、滑稽な戯画、そして力強い武者絵を描き、同じ時代を生きた広重や国貞とは、また異なる持ち味で、多くの江戸っ子を魅了した稀代の浮世絵師が、一番愛した動物が猫でした。
そして、国芳は、その人柄を慕い、浮世絵師以外にも、特に、三遊亭円朝、月岡芳年、河鍋暁斎といった、後世著名となる多彩な人物たちをはじめとして、大勢の弟子を抱えたことでも知られています。
本作は、NHKドラマ化された『妻はくの一』シリーズや、そして江戸の怪事件を解決する『耳袋秘帖』シリーズなどの時代小説で、好評を博す著者が、老境に差し掛かった国芳を主人公に据え、老若男女さまざまな一癖も二癖もある愉快な弟子たちと、身の回りに起きた「猫」にまつわる事件を解決する、愉快で、ほろりとくる謎解き時代小説です。

普段は気風がよく威勢のいい国芳も老いが忍び寄り、ふと垣間見せる気弱な一面を見せ、そして、死を前に最後の恋への淡い憧れをいだくようになります。そんな絵師ならではの繊細な一面も描きつつ、そこから国芳の絵にこめられた想いを、風野真知雄ならでは、温かく、そしてユーモアあふれる筆でお楽しみください。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
大胆な構図とユーモラスなモチーフ。そして独特のタッチで、いまも多くの人を魅了し続ける浮世絵画家・歌川国芳。彼は、大の猫好きとしても知られていました。そこで、『妻は、くノ一』、『耳袋秘帖』など数々のヒットシリーズを持つ、時代小説作家の風野真知雄さんが、国芳と猫をテーマに描いたのが本作。風野さんならではの謎ときと軽妙な会話。そして個性あふれる登場人物たちが、心の底から読む人を楽しませてくれる猫好きも国芳好きも必読の一冊です。
商品情報
書名(カナ) ウタガワクニヨシ ネコヅクシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年03月25日
ISBN 978-4-16-390037-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く