作品紹介

木工アーティストのしみずまゆこ、編集者の髙橋紡、写真家の野川かさね、料理研究家の山戸ユカの女性四人からなるユニット・noyama(のやま)。彼女たちは、自然を愛し、食べることを楽しみ、ときどき集って野へ、山へと出かけます。
春は、食と花を求めて低山ハイキング。夏は、涼しいうちに川沿いを歩き、清流で冷やした野菜をかじりながらパパッと料理。秋は、焚き火を囲んで食べて、飲んで、話して、飲んで。冬は、雪であそび、鳥の声を聴き、温泉へ。
そんな彼女たちが提案する「外あそび&外ごはん」は、本格的でありながらもほどよくゆるくて、いつでもおいしい! ハイキングでは自家製の飲み物の素を溶いて飲む。キャンプの食材は家で下ごしらえをし、現地では調理するだけに。器や椅子はちゃんとしたもので気分を上げる……。ちょっとした準備やこだわりが、外で食べることを、このうえなく楽しくておいしくて、特別なことにしてくれるのです。
外あそび&外ごはんのコツを、彼女たちの5年間の活動からポイントを絞ってお伝えするのが本書です。
第一部では、外あそびで大切にしていることやルール、あったらいい物を紹介。外で過ごすうちに気づいた楽しみの見出し方、自然の中でのふるまい方などをアドバイスします。
第二部では、春夏秋冬、季節ごとの外あそびと外ごはんレシピを提案。スープジャーで持って行く冷たいスープやデザートから、持ち寄りBBQや焚き火を利用して挑戦するダッチオーブン料理まで、簡単なものからみんなで協力すると楽しいメニューまで54点のレシピを掲載しています。
自然が多い場所でゆっくり過ごし、心も体もお腹も満たされて隅々までリフレッシュする。シンプルでかけがえのない時間は、特別な道具や能力も、頑張りもいりません。「気軽なアウトドアをはじめたい」「週末の過ごし方を変えたい」という方にぜひ手に取っていただきたい一冊です。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
女性4人組・noyamaが提案する「外あそび」は、本格的でありながらもほどよくゆるくて、いつでもおいしい! ハイキングでは自家製の飲み物の素を溶いて飲む。キャンプの食材は家で下ごしらえをし、現地では調理するだけに。器や椅子はちゃんとしたもので気分を上げる……ちょっとした準備やこだわりが、外で過ごし食べることを、楽しくておいしくて、特別なことにしてくれるのです。誰もが簡単に楽しむためのコツを、彼女たちの5年間の活動からポイントを絞って紹介します。「気軽なアウトドアをはじめたい」「週末の過ごし方を変えたい」方、必見です。
目次
外あそびのルール〈ハイキング篇〉
ウエアの基本/持ちものの基本/ごはんの 基本
外あそびのルール〈キャンプ篇〉
場所作りの基本/料理道具の基本/
野外キッチンの作り方/焚き火の基本 他

春の野へ山へ
静岡・巣雲山/山梨・美し森
春の外ごはんのレシピ
小えびとわかめの中華風スープ/スパイス レモネード/ホットサンド他

夏の野へ山へ
山梨・尾白川渓谷/栃木・日光
夏の外ごはんのレシピ
BBQチキン/えびのレモンソース焼き/バ ジルやきそば/シャーベットソーダ 他

秋の野へ山へ
東京・高尾山/千葉・袖ヶ浦
秋の外ごはんのレシピ
鉄板焼き3種のソース/チキンとセロリと いちじくのソテー/えびのアヒージョ 他

冬の野へ山へ
長野・霧ヶ峰/群馬・北軽井沢
冬の外ごはんのレシピ
チーズクリームスープ/オニオングラタン スープ/餅入り和風スープ/お汁粉 他

PLACE DATA
商品情報
書名(カナ) ソトアソビアンドソトゴハンヲハジメヨウ
ページ数 128ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製
初版奥付日 2014年04月15日
ISBN 978-4-16-390043-8
Cコード 2077

著者

noyama

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く