作品紹介

かこさとしさんと言えば、誰もが知る国民的絵本作家。
愛すべきキャラクターで人気の絵本、『からすのパンやさん』(累計220万部)、『だるまちゃんとてんぐちゃん』シリーズ(累計180万部)をはじめ、宇宙や地球の成り立ちを描いた科学絵本の第一人者としても、世代を超えて長く親しまれてきました。2013年には、『からすのパンやさん』の続編が40年ぶりに刊行されるなど、ファン待望のニュースが話題となりましたが、御年88歳。ユーモラスで、子ども心をつかんで離さない作風で知られるかこさんは、実は東大工学部卒の工学博士でもあります。

「彼らと出会わなかったら、ぼくは絵本作家になっていなかったと思います。つまり僕こそが、子どもたちに弟子入りすることから始めたのです」。
敗戦後の思いをそう語るかこさんの目に、震災と原発事故を経たいま、現在と未来はどう映るのでしょう。絵本に込めた願い、生きるということ、子どもに伝えたいこと。柔らかい名調子で語られる初の語りおろし本は、尊敬してやまない子どもたち、そしてすべての親への応援歌です。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『だるまちゃんとてんぐちゃん』『からすのパンやさん』など国民的絵本の作者、かこさとしさん。88歳にして現役の絵本作家は、どんな人生を歩んできたのか。「敗戦後の人生は余命」「子どもたちにすべてを教わった」と語り、会社員と二足のわらじで絵本にかかわり続けたかこさんが、未来の、そしてかつての子どもたちへ語り継ぐメッセージ(TN)。
目次
第1章 僕が子どもだった頃

第2章 大人と子どものあいだ

第3章 大切なことは、すべて子どもたちに 教わった―セツルメントの子どもたち

第4章 人間対人間の勝負―絵本作家として

第5章 これからを生きる子どもたちへ
商品情報
書名(カナ) ミライノダルマチャンヘ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年06月25日
ISBN 978-4-16-390054-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く