単行本
単行本

三国志読本

宮城谷昌光

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2014年05月16日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

2013年、遂に全12巻が解決した宮城谷昌光さんの正史「三国志」。執筆12年の間間になされた「三国志」をめぐる多彩な論考に加え、五木寛之、井上ひさし、白川静、宮部みゆきら11名の客人との対話を一挙収録。宮城谷史観の全貌を明らかにする究極の一冊!
〈収録内容〉
Ⅰ 歴史小説の生まれる場所」
……インタビュー「私の『歴史小説』」再録
Ⅱ 自作解説 「三国志の世界」
「三国志の沃野に挑む」/「曹操と劉備、三国志の世界」/「三国志の世界」/「『三国志』歴史に何を学ぶのか」
Ⅲ 対談 「歴史小説を語る」
×水上勉「歴史と小説が出会うところ」/ ×井上ひさし「歴史小説の沃野、時代小説の滋味」/×宮部みゆき「『言葉』の生まれる場所」/ ×吉川晃司「我々が中国史に辿り着くまで」/ ×江夏豊「司馬遼太郎真剣勝負/ ×五木寛之「乱世を生きるということ」
Ⅳ 講義&対談「中国古代史の魅力」
「中国古代史入門」/ ×白川静「日本人が忘れたもうひとつの教養」/ ×平岩外四「逆風の中の指導者論/ ×藤原正彦「英語より『論語』を」/×秋山駿「春秋時代から戦国時代へ」/×マイケル・レドモンド「碁盤上に宇宙がみえる」/ 「項羽と劉邦、激動の時代」
Ⅴ 付記
『三国志』をより深く楽しむための本/宮城谷昌光中国歴史作品の年代一覧/特別随想「ふりかえること」/対談者略歴/宮城谷昌光出版年賦

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
昨年、十二年にも及ぶ大長編『三国志』の執筆を終えられた宮城谷昌光さん。本書はその間になされた多彩な論考と、五木寛之さん、井上ひさしさん、白川静さん、宮部みゆきさんら十一名の豪華客人を迎えての対話を収録した究極の知的ガイドブックです。ご本人曰く「実は対談は大の苦手です」とのことですが、野球評論家の江夏豊さん対談は納得の出来とのこと。司馬遼太郎さんの歴史小説の深層を、独自の視点で語り合われています。歴史と小説の新しい愉しみを、皆さん、どうぞ発見してください。(MK)
目次
Ⅰ 歴史小説の生まれる場所」
……インタビュー「私の『歴史小説』」
Ⅱ 自作解説 「三国志の世界」
「三国志の沃野に挑む」
「曹操と劉備、三国志の世界」
「三国志の世界」
「『三国志』歴史に何を学ぶのか」
Ⅲ 対談 「歴史小説を語る」
水上勉「歴史と小説が出会うところ」
井上ひさし「歴史小説の沃野、時代小説の滋味」
宮部みゆき「『言葉』の生まれる場所」
吉川晃司「我々が中国史に辿り着くまで」
江夏豊「司馬遼太郎真剣勝負
五木寛之「乱世を生きるということ」
Ⅳ 講義&対談「中国古代史の魅力」
「中国古代史入門」
白川静「日本人が忘れたもうひとつの教養」
平岩外四「逆風の中の指導者論
藤原正彦「英語より『論語』を」
秋山駿「春秋時代から戦国時代へ」
マイケル・レドモンド「碁盤上に宇宙が見える」
「項羽と劉邦、激動の時代」
Ⅴ 付記
『三国志』をより深く楽しむための本
宮城谷昌光中国歴史作品の年代一覧
特別随想「ふりかえること」
対談者略歴
宮城谷昌光出版年賦
商品情報
書名(カナ) サンゴクシドクホン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 ニューハードカバー装
初版奥付日 2014年05月15日
ISBN 978-4-16-390058-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く