作品紹介

チャーチルは「成功とは、失敗を重ねても熱意を失わない能力のことだ」と言ってどんな逆境もはねのけ、偉大な政治家としてその名を留めた。エジソンは電球の試作の失敗が1万個に達したとき、「失敗したのではない。うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言って、ついにはフィラメントを発明する。

人生の成否を分けるのは、「前向きであることのできる」性格によるものなのか。だとすると、それは脳のどんな働きによるものなのか。欧州最大の脳科学の研究所を主宰し、その問いを解きあかそうとしているエレーヌ・フォックス博士が、その答えに驚くべき実験と調査の数々から迫る、とびきり面白いポピュラーサイエンス。

例えばこんな調査がある。1930年代に修道院に入った全米各地の修道女180人が書いた自叙伝を検証し、前向きな言葉と後ろ向きな言葉が出てくる頻度を点数化した。約60年後に、修道女たちの寿命との相関関係をみる。すると結果は、前向きな自叙伝を書いていた修道女が、そうでない修道女に比べて10年以上長生きしていたのだ。

そして、フォックス博士自身の研究所は、前向きな感情を起こさせる物質、セロトニンを脳内で生み出す特定の遺伝子を発見、性格は遺伝子によって決まっているのかというところにまでメスをいれる。ところが、研究を進めると、これらの遺伝子は環境によってその働きが変わってくるという驚くべき結果がえられたのだ。科学の推理を楽しみながら、子育てや自分の人生にまで思いをはせることもできる、深い一冊です。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
世の中には楽天的な人と悲観的な人がいる。ときに、それは人生そのものの成否さえ分けてしまう。オックスフォード大のフォックス教授は、心理学と脳科学の両面から、脳の中で何が起こっているかを追究。楽観回路と悲観回路のバランスが重要だとつきとめます。そして、そのバランスが遺伝子で決まるのかどうかまでメスを入れました。驚くべきことに、実際には脳は環境で変化する可能性を秘めていたのです。ならば、脳科学で性格を変えることはできるのか? 最先端の科学が脳の驚異の世界に誘います。(TN)
商品情報
書名(カナ) ノウカガクハジンカクヲカエラレルカ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年07月25日
ISBN 978-4-16-390100-8
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く