作品紹介

文楽の鬼、竹本住大夫。九〇歳&大夫引退記念

自分の仕事をもっともっと好きになれ!
文楽の至宝が熱く語る、日本人の「生きる力」

「浄瑠璃はこころで語るもんです」
人形浄瑠璃「文楽」の大夫として、
日本人の義理人情を語りつづけて六十八年――。
“語りの力”で人びとを泣き笑いさせてきた
住大夫師匠が、舞台を降りて初めて語る。
引退までの日々、先人たちの思い出、文楽と日本のこれから……

叱り、叱られ、命がけ!修業六十八年の「芸の真髄」とは
・若いうちは裕福になったらあきまへん
・成っても成らんでも、一生賭けるから修業です
・「途中でやめたら、人に笑われる」と思うてました
・テープやビデオは、悪いとこを叱ってくれまへん
・弟子が可愛くない師匠はこの世に一人もいてまへん
・死ぬまで稽古、死んでも稽古せなあきまへんなぁ

【目次】
第一章 春のなごりに ~引退まで
第二章 師匠、先輩、弟子 ~修業とリハビリの日々
第三章 貧乏には勝たなあかん ~三和会の長い旅
第四章 デンデンに行こう ~私が育った戦前の大阪
第五章 文楽道場に生きる ~教えること・教わること
第六章 そして文楽はつづく
ええ星の下に生まれましたなぁ ~あとがきにかえて

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
2014年5月、人形浄瑠璃「文楽」の大夫として史上最高齢の89歳で引退した竹本住大夫さん。日本の義理人情を語り続けた68年の修業は、叱り、叱られ、まさに命がけ! 大学出で入門が遅く、大夫としては悪声。「死ぬまで稽古、死んでも稽古」の精神で人間国宝になられました。戦後、文楽が二派に分裂した苦闘の日々、橋下大阪市長との補助金問題、脳梗塞からのリハビリ――舞台をおりて初めて語る秘話満載。滋味深い芸談とともに、「自分の仕事をもっともっと好きになれ」という日本人へのメッセージでもあります。(AW)
商品情報
書名(カナ) ニンゲン ヤッパリジョウデンナァ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年10月15日
ISBN 978-4-16-390138-1
Cコード 0074

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く