テミスの剣

中山七里

  • 定価:本体1,750円+税
  • 発売日:2014年10月24日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

昭和五十九年、台風の夜。埼玉県浦和市で不動産会社経営の夫婦が殺された。浦和署の若手刑事・渡瀬は、ベテラン刑事の鳴海とコンビを組み、楠木青年への苛烈な聴取の結果、犯行の自白を得るが、楠木は、裁判で供述を一転。しかし、死刑が確定し、楠木は獄中で自殺してしまう。
事件から五年後の平成元年の冬。同一管内で発生した窃盗事件をきっかけに、渡瀬は、昭和五十九年の強盗殺人の真犯人が他にいる可能性に気づく。渡瀬は、警察内部の激しい妨害と戦いながら、過去の事件を洗い直していくが……。

正義とは? 真実とは? 人の真理を暴くのは、はたして法をつかさどる女神テミスが持つ「天秤」なのか?それとも「剣」なのか? 最後に鉄槌を下されるのは?
司法制度に、大きな疑問を投げかける王道社会派ミステリーと、ラストまで二転三転し、読者を翻弄するエンターテイメント性に溢れた本格ミステリーの奇跡の融合がついに実現!!

『連続殺人鬼カエル男』や『贖罪の奏鳴曲』などで中山ファンにはおなじみの渡瀬警部が「刑事の鬼」になるまでの前日譚。そして『静おばあちゃんにおまかせ』で、冴えわたる推理を見せた現役裁判官時代の高遠寺静も登場。

『どんでん返しの帝王』の異名をとる中山七里が、満を持して「司法制度」と「冤罪」という、大きなテーマに挑む。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『贖罪の奏鳴曲』など社会性のあるテーマを得意としつつ、『さよならドビュッシー』に代表されるような、読者を虜にする意外性を両立させ『どんでん返しの帝王』の異名をとる、中山七里さんが、「冤罪」という、大きなテーマに挑みます。中山さんのシリーズでは、おなじみの渡瀬警部の若き日々に起きたある冤罪事件。事件に光を導くのは、法をつかさどる女神・テミスの持つ「天秤」なのか?それとも「剣」なのか? 王道社会派ミステリーと、エンターテイメント性に溢れる本格ミステリーの奇跡の融合がついに実現!!
商品情報
書名(カナ) テミスノツルギ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年10月25日
ISBN 978-4-16-390149-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く