作品紹介

キャパがその激しい一生で
捉えた一瞬の数々、
その足跡を辿り、同じ現場に立つ。


◆写真史上もっとも有名な作品のひとつ「崩れ落ちる兵士」をはじめ、数多の名作を撮影した伝説の戦場写真家、ロバート・キャパ。著者は学生時代よりキャパにシンパシーを抱き、評伝の翻訳、写真集の監修など、その生涯を追い続けてきた。

2013年の『キャパの十字架』では、「崩れ落ちる兵士」の撮影の真相に迫り、その作品の秘密がキャパに背負わせた“十字架”を感動的に描き切った。

本書で著者は、キャパが故国ハンガリーを出てから、最期の地インドシナに至るまでの人生すべての旅路をたどり直す。キャパが生涯で残した数多の写真の撮影場所を可能な限り探し歩き、同じ角度で現在の光景を撮影したのだ。

キャパの実質デビュー作であるデンマークでのトロツキーの撮影から、運命のパートナー、ゲルダ・タローと出会ったパリ、スペイン戦争での数々の名作、第二次大戦のノルマンディー上陸作戦やパリ解放、唯一の来日から最期の地インドシナまで、著者は世界中を旅して、キャパがレンズを通して見たものを追体験する。そして旅の最後には、ニューヨークに眠るキャパの墓へ……。

世界中を追う「キャパへの旅」で、キャパが歩みつづけた「勇気あふれる滅びの道」すべてを巡礼することで、人間・キャパの全体像が見えてきた。

著者の永年にわたるキャパへの憧憬を締めくくると同時に、今までにない形の紀行・人物ノンフィクションを提示する大作。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
沢木耕太郎さんは学生時代からキャパにシンパシーを抱き、評伝の翻訳や写真集の監修など、その生涯を追ってきました。
司馬遼太郎賞の傑作『キャパの十字架』が、「崩れ落ちる兵士」という作品がいかにカメラマン・キャパを生んだかに迫ったものとすれば、本書はその生涯に追走することで人間・キャパを見直すものといえます。
世界をまたにかける追走は、キャパの内面に深く迫りつつ、著者ならではの旅の叙情にも満ちたもの。人物+紀行ノンフィクションという新たな形を提示する大作です。
商品情報
書名(カナ) キャパヘノツイソウ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年05月15日
ISBN 978-4-16-390260-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く