単行本
単行本

屋上のウインドノーツ

額賀 澪

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2015年06月26日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • 第22回(2015年)松本清張賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「みんなとつながることができない」私立中学の三年生・給前志音(きゅうぜん・しおん)。これまで勉強やスポーツ、そして人間関係さえも唯一の友達・青山瑠璃に頼り切って生きてきたが、離れて暮らしていた父との再会をきっかけに、あえて友達がひとりもいない県立高校への進学を決意。しかし志音の父はその後、過労が原因で急死――。父の遺品の中からドラムと「志音、大志を抱け」と書かれた日記を見つけた志音は、ひとりドラムの練習を始める。
県立高校入学後、学校の屋上でドラム(エアで)の練習をしていた志音は吹奏楽部の部長・日向寺大志(ひゅうがじ・たいし)から入部を誘われる。一度は入部を断った志音だったが、大志の強い誘いと「何かが変わるかもしれない」という予感で入部する。いっぽうの大志は、実は過去の部活運営での失敗を抱え、その傷を乗り越えられないままでいた(部長になったのも実はくじびきの結果!)。志音の出現は「何か」を変えるのか? やがて二人と部員たちは吹奏楽部の東日本大会出場をめざして厳しい練習の日々を過ごすようになる。そして地区大会の日がやってきて――。

決して小さくはない過去の傷や挫折を抱えながら、懸命に吹奏楽に打ち込む少女と少年の奮闘の姿を爽やかに描いた第22回松本清張賞受賞作。松本清張賞に新しい「風」を吹き込む部活小説の傑作です!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
社会派ミステリーや時代小説のイメージが強い松本清張賞の歴史の中で極めて珍しいド直球の青春部活小説です。友情や家族との関係に悩みながら部活(吹奏楽)に励む女子高生――ある意味青春小説の王道を恐れずに描いた本作は、逆にそのことにより青春小説の定型(ベタ)を突き抜ける強さを獲得、選考会でも満場一致で選ばれるほどの圧倒的支持を受けました。その「強さ」をぜひ読んで実感してください!
商品情報
書名(カナ) オクジョウノウインドノーツ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年06月30日
ISBN 978-4-16-390286-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く